写真はクリックで大きく見れます

2007年09月23日

一緒に歩むために


以前の記事にちょこっと登場したご近所の可愛い姉弟
とうとう犬を飼い始めました。

弟君 「でも、1年だけなんだぁ・・・。」

パピーウォーカーになったのです。

一昨年頃から申請して、やっとこの地区の募集がかかり、
審査に通ったそうです。

2年がかりで迎えた仔犬。
とっても嬉しそうな子供達。笑顔が輝いています。

まだこの環境・知らない人間・新しい家族に戸惑い顔のこの子。




どうも大人は先読みしがちで、1年後の悲しい別れを想像してしまうけど、

これから君は、この家族からいーーーっぱいの愛をもらって、
楽しい事をたぁーーーくさん経験して、

笑顔いっぱいになってゆくんだもんね。


1年後、子供達もこの貴重な体験を通して、
より素敵に成長できるだろうなと思う。





私は盲導犬の詳しい知識は持たないけれど、
尊く立派なことだと思う。


不謹慎な私は
「1年後、(盲導犬の)適性が無くて、
 この家に戻ってこれると良いですね。」なんて言ったりして。


「この子はメスだから・・・その場合、繁殖犬になるんだそうです。」


お母さんの言葉が切なくて、
決められた運命を持つこの仔犬に・・・少しだけ哀しみを感じた。

ニックネーム MEG at 08:26| Comment(4) | 2007年 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは夜
お邪魔してますぴかぴか(新しい)
パピーウォーカーは、大変ですよね・・・顔(汗)
TVとかでよく見てるけど・・・
別れの時が辛いですよねバッド(下向き矢印)
1年の内に犬ちゃんに対しての情も湧いちゃうしねたらーっ(汗)

でも体が不自由で困ってる方は、沢山いてるからー
そういう大事な任務(?)につく事は本当に凄い事だし立派だと思います犬(笑)多分心が広い方なんでしょうね顔(笑)

1年の内にいっぱい社会を学んで、
適正試験に合格する事を祈っていますねぴかぴか(新しい)
そして困ってる方をいっぱい助けてあげれるように頑張ってもらいたいですね揺れるハートまた遊びに来ますねかわいい
Posted by SNOOPYママ at 2007年09月23日 21:57
♪SNOOPYママ様♪
 コメントありがとうございます。
 私も盲導犬のことは『クイール』とか
 『動物奇想天外』でしか知らないけど、
 訓練を受ける犬のストレスも相当なものだそうで・・・。
 視力障害者の自立のためには必要なんだと思うけど、
 愛玩犬と暮らす私は・・・考えてしまいますね。
 ボランティアで誰かのための何かをする。
 すばらしいです。
Posted by MEG at 2007年09月24日 07:41
かわいくて無邪気ですね。
いちど、盲導犬協会に見学に行ったことがあります。
「犬は主人に仕えるのが幸せな生き物だから
可哀相と思う人が多いんですが、けっして
そうではないんですよ」と説明されてました。
私が思ってる犬の性質とくいちがうので
そうかな?と思っちゃうんですが、
じっくり、考えてみると、そうかもと
思えるときもある。
Posted by Ran at 2007年09月24日 23:46
♪Ran様♪
 この子達がこのU^エ^Uといられるのは、
 1年きっかりだけなんだと思うと切なかったですね。
 パピーウォーカーはみんなそうなんだけど・・・。
 う〜ん、むずかしいね。
Posted by MEG at 2007年09月26日 06:32